新着情報

2019/10/09

◆お知らせ◆

12月6日(金)12月7日(土)、12月13日(金)
は院長の学会出張の為休診となります。

2019/06/24

◆お知らせ◆

起立性調節障害(OD)の専門外来開設
当院ではODの専門外来を新しく開設しました。
               令和1年6月24日

 ODは成長期に特有の病気で、中学生の1割、小児科を受診する中学生の2割を占めると言われます。専門家は少なく、正しく治療されているといえません。本体は自律神経失調症から朝の血圧が上がらないこと(低血圧)で、治療は昇圧剤(リズミック他)ですが、これが効かない時があります。そういうときは漢方です。
症状は朝起きられない、めまい、立ちくらみ、ふらつき、あさの調子が悪い、乗り物酔いをしやすい、頭痛、腹痛、疲労、倦怠、つかれやすいなどです。結果として、不登校、引きこもりにつながることもあります。心ないひとからは怠けといわれ、本人は苦しむこともあります。
一見、うつ病に似ているため、うつ病と誤診され、抗うつ薬を処方され、効かない時は増量され、抗うつ薬の副作用・・・低血圧、ふらつき、めまい、食欲不振、だるい、便秘、口渇などに苦しむこともあります。結果、本来のODの症状をさらに悪化させることもあります。

診断はシェロングテスト(起立試験)があります。

治療は昇圧剤ですが、これが効かないときは漢方です。
本症は、気虚がベースにあり、血や水のめぐりも悪いです。
気をよくする漢方は
六君子湯、四君子湯、補中益気湯、人参湯、黄耆建中湯など。
他に
半夏白朮天麻湯、苓桂朮甘草・・・・めまいに有効
があります。
   まずは正しい診断を。

検査は
安静臥位の血圧、脈圧、脈拍、
次は起立直後、起立後1分、3分、5分、7分、10分後のそれらを測定します。起立後血圧が上がらないときはODが疑われます。
ODの本体は自律神経失調症です。本来、起立時は血圧が上がるのですが、ODでは上がりません。
正しい治療を受け、本症を治して、元気に登校しましょう。
あきらめないで。
                                                 令和1年6月23日 文責 脇元 安

2019/05/01

◆お知らせ◆

令和元年5月より診療時間が変更になります。

月曜・火曜・木曜
9:30~18:00
水曜
9:00~14:00
金曜
10:00~19:00
土曜
9:00~17:00
昼休みは13:00~14:00

午前の受付は12:30まで。(水曜日は13:30まで)
最終受付は診療時間の30分前までとなっています。
日・祝は休診
お間違えのないようにご来院ください。

2019/02/27

◆お知らせ◆

治験について 当院では抗うつ薬治療抵抗性のうつ病(20~64歳および65歳以上)の治験を行っております。興味のある方は当院までご連絡ください。詳細はこちら

2018/08/30

治験について

当院では児童思春期うつ病(9歳~17歳)の治験を行っております。
興味のある方は当院までご連絡ください。

うつ病セルフチエックに進む

2017/03/10
2016/10/21

◆お知らせ◆

発達障害(自閉症・ADHD・学習障害)は最近確実に増えているようです。
早期発見、早期治療が求められていますが、それを診断するのはあくまで医師であります。
ところがそれを正しく診断できる医師はまだまだ少ないようです。
理由は診断が難しいこと、児童期専門の医師が圧倒的に不足していることなどが挙げられます。
当院では発達障害を正しくなるべく早く診断できる体制をとっています。
臨床心理士も4名(1名は心理検査専門)います。お待たせしないように心がけています。
まずは、気軽に当院にお電話ください。

2016/10/06

◆お知らせ◆

院長ブログに「元気がでない」、「発達障害 再考」を
追加しました。