無料相談に進む
HOME > 高齢者のお悩み

新着情報

一覧を見る

2019/11/06

◆移転のお知らせ◆

令和2年1月7日より移転することとなりましたのでお知らせ致します。

新住所 〒810-0010
    福岡市中央区天神2丁目14-8 福岡天神センタービル5F


電話番号・FAX 092-751-0010

現在の場所での診療は12月27日までとなります。

2019/10/09

◆お知らせ◆

12月6日(金)12月7日(土)、12月13日(金)
は院長の学会出張の為休診となります。

2019/06/24

◆お知らせ◆

起立性調節障害(OD)の専門外来開設
当院ではODの専門外来を新しく開設しました。
               令和1年6月24日

 ODは成長期に特有の病気で、中学生の1割、小児科を受診する中学生の2割を占めると言われます。専門家は少なく、正しく治療されているといえません。本体は自律神経失調症から朝の血圧が上がらないこと(低血圧)で、治療は昇圧剤(リズミック他)ですが、これが効かない時があります。そういうときは漢方です。
症状は朝起きられない、めまい、立ちくらみ、ふらつき、あさの調子が悪い、乗り物酔いをしやすい、頭痛、腹痛、疲労、倦怠、つかれやすいなどです。結果として、不登校、引きこもりにつながることもあります。心ないひとからは怠けといわれ、本人は苦しむこともあります。
一見、うつ病に似ているため、うつ病と誤診され、抗うつ薬を処方され、効かない時は増量され、抗うつ薬の副作用・・・低血圧、ふらつき、めまい、食欲不振、だるい、便秘、口渇などに苦しむこともあります。結果、本来のODの症状をさらに悪化させることもあります。

診断はシェロングテスト(起立試験)があります。

治療は昇圧剤ですが、これが効かないときは漢方です。
本症は、気虚がベースにあり、血や水のめぐりも悪いです。
気をよくする漢方は
六君子湯、四君子湯、補中益気湯、人参湯、黄耆建中湯など。
他に
半夏白朮天麻湯、苓桂朮甘草・・・・めまいに有効
があります。
   まずは正しい診断を。

検査は
安静臥位の血圧、脈圧、脈拍、
次は起立直後、起立後1分、3分、5分、7分、10分後のそれらを測定します。起立後血圧が上がらないときはODが疑われます。
ODの本体は自律神経失調症です。本来、起立時は血圧が上がるのですが、ODでは上がりません。
正しい治療を受け、本症を治して、元気に登校しましょう。
あきらめないで。
                                                 令和1年6月23日 文責 脇元 安

2019/05/01

◆お知らせ◆

令和元年5月より診療時間が変更になります。

月曜・火曜・木曜
9:30~18:00
水曜
9:00~14:00
金曜
10:00~19:00
土曜
9:00~17:00
昼休みは13:00~14:00

午前の受付は12:30まで。(水曜日は13:30まで)
最終受付は診療時間の30分前までとなっています。
日・祝は休診
お間違えのないようにご来院ください。

2019/02/27

◆お知らせ◆

治験について 当院では抗うつ薬治療抵抗性のうつ病(20~64歳および65歳以上)の治験を行っております。興味のある方は当院までご連絡ください。詳細はこちら

高齢者のお悩み

高齢者のお悩み

高齢者の方に見られるお悩み

心療内科の分野で取り扱われている症状の中で特に見られるお悩みは、 「うつ」と「認知症」です

うつ病については女性に多くみられ、罪業妄想(何も悪いことをしていないのに、自分は悪いことをしていると思い込む)・貧困妄想(お金にそれ程困っているわけではないのに、貧乏であると思い込む)・不治妄想(病気が治らないと思い込む)が目立ちます。また、自殺する人の割合が高いことが特徴です。うつ病の一症状である意欲低下・記憶力低下等がいわゆる呆け(仮性認知症)と間違われることがあるので注意が必要です。

治療は心疾患に注意しながら抗うつ薬を中心とした薬物療法に加え心理療法が中心となります。自殺念慮の強い時や昏迷状態の時は入院も必要となります。最近遷延性うつ病という、なかなか薬物療法に反応しない型が増えてきて問題となっています。

老期認知症について

80歳以上では2割を超えている認知症

老年期の認知症疾患は大別して、アルツハイマー型認知症と脳血管型認知症の二種類があります。認知症は仮性認知症、正拳圧脳水頭症以外はほとんど治らないのが現状で、家族(特に女性)に大きな負担を掛けることが多くなります。介護保険制度が発足し、自宅にヘルパーなどが出向くサービスの提供が始まってますが、長所・短所があるので利用する場合は内容をよく確認する必要があります。入院するのが良い場合もあるのですが、男の論理で入院が遅れ、嫁に大きな負担を与え、時に悲劇に発展することもあるので注意が必要です。今後は、認知症関連施設が充実する予定があり、入所待ちの時間が短縮され、より利用しやすくなると予想されます。

治療方法

治療方法

高齢者では他に、老年期精神病(多くは妄想病)、せん妄(軽度ないし中等度の意識混濁に幻覚、妄想や夢体験が加わって恐怖や不安とまとまりを欠いて不穏な多動を表わす状態)、心気症(自分は病気だと思い込む状態)等が問題になります。高齢者は身体の予備能が低下しており、内科的原因で精神に変調を来たすことが多くみられます。まず、身体のチェックしながら精神の変調を検討する必要があります。高齢者の精神(言動)変調に気づいたら、早めに心療内科、神経科等の専門医に相談し、適切な治療を受けることをお薦めします。

うつ・痴呆の治療には、家族を中心とした周囲の人達の手厚い看護と病気に対する理解が欠かせません。患者の気持ちをよく理解しながら、介護にあたることが必要です。