新着情報

一覧を見る

2018/06/14

◆休診のお知らせ◆
 
院長出張の為、7月26日(木)院長の診療は休診、美根先生の診療はあります。
7月27日(金)7月28日(土)は代診の先生となります。
診療時間は9:30~13:30となっております。

2017/07/13
2017/03/25

◆お知らせ◆
平成29年5月第2週より

毎週 木曜日午前(10時~13時)
児童専門外来を開設いたします。
不登校、発達関連、引きこもり、不安障害、チック等の相談に応じます。

同日 午後14時半~18時
新患および再来(児童から大人)の診察、精神衛生相談(本人以外のご家族からのご相談)を行います。

当院は予約制ですので電話で予約してご来院ください。
☏092-751-0010

ドクタ-美根の過敏性腸症候群治療教室

2018年2月 7日 水曜日

ドクター美根の過敏性腸症候群治療教室

心因性嘔吐症、神経性嘔吐症 その2:ドクター美根の過敏性腸症候群治療教室(美根和典:元九州大学大学院教授、元福岡大学教授)
2018年2月7日水曜日
第28回(心因性嘔吐症、神経性嘔吐症 その2)
心因性(神経性)嘔吐はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?
脳の中脳という部分にある嘔吐中枢がいくつかの経路をとおして刺激されることで、嘔吐や吐き気症状が出現します。感情刺激や学習された記憶が直接、脳の嘔吐中枢を刺激する経路があります。また、不安、抑うつなどの感情やストレスが消化管の機能異常を引き起こし、そのことが自律神経を介して嘔吐中枢を刺激して嘔吐や吐き気を生じさせるという経路もあります。多くの場合、この両者が関係しています。
とても嫌いな人に会う、嫌な状況に遭遇する時に、日本語では「吐き気を催す」「ムカつく」としばしば吐き気という身体反応を用いて、強い不快感、嫌悪感などがストレートに表現されます。これはほとんどの人において「吐き気」という身体症状とネガティブな感情が強く関連していることを示しています。
また条件反射も大きく関与しています。吐き気は条件反射が形成されやすい症状の一つです。「吐き気」という身体症状は、特定の不快な場面や状況ととても結びつきやすく、その場面を思い浮かべることや、その場面に直面することで吐き気、嘔吐が出現します。
心因性嘔吐と診断した方を診察すると、胆道系機能異常と同じような胆道部の圧痛、叩打痛を認める場合がしばしばあります。このような場合は、ストレスや心理的疲労が胆道系機能異常を引き起こし、そのことが嘔吐を介して症状を引き起こします。
このようなメカニズムを考慮して工夫をして心因性嘔吐の治療を行います。
少し時間はかかりますが丁寧な心療内科的治療で、症状が改善し生活上の支障もなくなる方はかなり多くおられます。
(文責:美根 和典)
(参考:内科領域、消化器病学という専門領域においては意外なほど、心因性嘔吐症という概念はいまだ確立していません。消化管機能異常の国際的な分類では機能性嘔吐症の中に入りますが、その原因としてのストレスや心理的因子の関与についてはまだ議論中であるという扱いになっているのが現実です。)

投稿者 脇元クリニック