無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/08/30

治験について

当院では児童思春期うつ病(9歳~17歳)の治験を行っております。
興味のある方は当院までご連絡ください。

うつ病セルフチエックに進む

2017/07/13
2017/03/10

院長ブログ

2017年6月12日 月曜日

心の病気と食事療法

心の病気と食事療法(栄養療法)

総論)  心の病気と食事療法が最近よく言われる。これは、アメリカでオーソモレキュラー療法(栄養療法)が最近盛んで、その影響が日本に来ているとも言える。また、最近、中枢薬の副作用が漸く世間に知られ、国民が薬以外の治療を求めていることも関係がありそう。また、うつ病は心の病、抗うつ薬がよく効くと言われていたが、最近、SSRIやSNRIが以前ほど効かなくなった現状も関係しているとも思われる。私は SSRIやSNRIが以前ほど効かなくなった現状は当然知っていて、15年前から漢方を勉強し、臨床に用い、一定の効果をみた。ただし、漢方も万能ではないと思っていた。とにかく、心の病気の原因はまだよくわかっていないのだ。そういう現状で薬だけで治そうという姿勢が問題だろうとはずっと思ってはいた。
 医者同士の会話では薬しか話題にならないので、最近はあまり医者とは話さなくなった。食事療法(栄養療法)に関心を強く持ったのは、副腎疲労の勉強会に出席してからだ。これについては以前紹介しているはず。それと、溝口先生が最近「脳から「うつ」が消える食事」という本を出され、それに強い関心を持ったこともある。
他には自閉症を食事療法(栄養療法)で治すという本を読んだこともある。とにかく、最近、食事療法(栄養療法)はトレンドである。
今後、それについていろいろ紹介していきます。ご期待ください。
一部はすでに述べてはいます。未だにマグロ、欧州サーモン、チョコ、お菓子をぱくぱく食べていませんね?
                                 平成29年6月10日 文責 脇元 安
総論(2)
 心の病気と食事療法:
先に述べたように、最近このテーマはぼちぼちいわれるようになった。心の病気であるが、一番言われているのはうつ病である。次に、自閉症圏内、稀に統合失調症、それとまだ日本ではほとんど話題となっていないが、副腎疲労である。食事療法の源はやはりアメリカである。ノーベル賞の栄誉にかがやいたポーリング博士が有名である。彼は、ビタミン大量療法で有名である。これを統合失調症に応用してかなりの成果を挙げたという報告がある。うつ病では溝口先生が最近「うつは食べ物が原因だった!」「脳からうつが消える食事」の二冊の本でうつ病への食事療法を紹介し、彼の報告が正しいとすればかなりの成果があるようだ。私はまだ充分に試していない。自閉症への食事療法は20年前から報告があるが、私は試していない。統合失調症への食事療法は最近「統合失調症への食事療法」を買い、今研究中である。副腎疲労、これに関しては以前院長ブログでかなり紹介している。かなり成果を期待できるという。
いずれにしろ、中枢薬(抗うつ薬、抗精神病薬、感情調整薬、ストラテラ、コンサータなど)が残念ながら期待できない方は食事療法にもっと関心を持って頂きたい。私ももっと勉強していきます。次回から各論に移ります。ご期待ください。
                                       平成29年6月14日 文責 脇元 安

心の病気と食事療法(栄養療法)
各論)
 いよいよオーソモレキュラー療法(栄養療法)の各論に入る。
参考図書
 溝口先生:「脳から「うつ」が消える食事」
 自閉症への食事療法(栄養療法)
 統合失調症への食事療法(栄養療法)
 副腎疲労への食事療法(栄養療法)
 参考:ポーリング博士こそオーソモレキュラー療法の創始者  
 
溝口先生:「脳から「うつ」が消える食事」
これについては以前にかなり詳しく紹介している。そこを再読してください。再度述べる。
彼は糖分の取り過ぎを戒めている。糖分は確かに疲れたときに疲労感が一時減るし、大体脳に糖分はいいはずだからと多くの人は糖分を取ることは体に悪いなんて思わない。
どうしてよくないの??
それは糖分(甘いもの、コーラ、清涼飲料水、チョコ、ケーキ、お菓子、えびせんなど)を取り過ぎるとインシュリンが大量に分泌され、急激に血糖を下げるから。血糖が下がるのは人は動物の一種ですから耐えられない。血糖が下がると不足した糖分を補おうとします。いらいらします。最近、切れる若者(時には中年、老人も)が多いですが、一部には急激に低下した血糖が原因と言われています。
彼は、糖分の取り過ぎ以外に、もっと野菜、タンパク質を取ろうと提案しています。この説は従来、和食がいい、肉はよくないと大方の日本人を惑わせた説と真っ向勝負です。ですが、世界の大勢はタンパク質はわるくないという風に変わりつつあります。もっと、タンパク質を取りましょう。魚、動物性タンパク質、大いに結構です。卵も一日一個ぐらいは結構  。そういえば、マリリン・モンローはお肉大好きだったとか。                                  続く
                                       平成29年6月25日 文責 脇元 安

栄養・食事について
最近、栄養・食事に関する論がかまびすしい。テレビ、雑誌、本などでそれらに関する記事、論を毎日のように耳にする。
ただし、それらの意見は人によって結構、まちまちで、素人は一体何が正しいのかよくわからないというのが本当ではないだろうか。
「ためしてガッテン」でも時におかしい内容を目にする。
今後、私は栄養・食事に関する正しい説を(ここ数年、研究し、一部実践してきたので)
順次、正しい情報を皆さんに伝えたいと思う。
そして、皆さんが病気を治し、病気を予防し、また、今、健康体なら、それをもっと伸ばせるよう、しっかり伝えていきたいと思う。目標は健康で100歳まで生きよう、である。
 概論)
まず、大ざっぱに最近の栄養説を述べ、後にそれらを詳しく述べる。
1 糖質はよくない。米はせいぜい1日150g程度に抑えるべきだ。理由:後述 
白米(精米)はよくない。玄米がいい。でも、玄米はおいしくないんですけど・・・・・・
白米は中毒になる!?本当??
和菓子はよくない。饅頭(まんじゅう)はよくない。
2 パンはよくない。せいぜい「ぜんりゅうしょくパン」がいい。パスタもよくない!?麦がよくない?
ケーキはだめです。スウィートもだめです。本当? なにを食べたらいいん??
せんべいでも米から作ったものはよい。本当? パン食べたい!!
3 肉は??どんどん食べて良い。赤身肉は控えよう。
4 飽和脂肪酸は良くない。オメガ3(不飽和脂肪酸)ならよい。油はオリーブオイルなら良いが、他はだめだ。
マーガリンは絶対だめ。悪玉コレストロール値が高いと新血管系疾患が増える?
EPA,DHAとっても体にはよくならない?
5 野菜は?どんどんとろう。ジュースは?だめです。栄養になりません。カゴメトマトはよくありません。 
生で皮ごと、根っこごと食べましょう。食材ごと、まるまる食べましょう。  
6 ビタミン  サプリメントは避け、生でとりましょう。必須アミノ酸は外からとるしかありません。
ジュース、絞りたてのそれもジュースはアウトです。
7 ミネラル 天然の野菜、果物からとりましょう。ジュースだめです。
8 コラーゲン、カルシウム、グルコサミン:これらを外からとっても、体内で役立ちません。鉄をいくら集めても包丁にならないのと一緒。業者に騙されないようにしましょう。魚、骨から取りましょう。とにかく、生でとる習慣を作りましょう。
9 ナッツはいい!! 
10 地中海食は体重が減るだけではなく、新血管疾患も防ぐ?
11 塩はどれほど取ればいい?1.5g?
とにかく、コンビニに近づかないようにしましょう。そこは甘い物ばかり。歯だけではなく、体がぼろぼろになる??

各論は後日に。
他の成分のこと、お聞きしたい方は
電話0927510010でクリニックにお問い合わせください。
後日、この欄でお答え致します。
参考図書)                        
津川友介 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事 東洋経済新報社 2018年   
牧田善二 医者が教える食事術 ダイヤモンド社 2017年                      
稲島 司 健康に良いはウソだらけ 新星社 2018年                                 
                      9.9.2018
                      文責 脇元 安 
<各論>
1.糖質
 最近、糖質がやりだまによく上がっている。それは本当だろうか?日本人は米によって生きてきたのではないか。他のアジア人は?そういう素朴な疑問がわく。
白米より玄米がいいという論を最近よく聞く。これは大体正しいが、玄米はまずく、食べられたものではない?
実際には、玄米(この食べ方は独特で、水に10数時間さらしたあとで、上の水を一度捨て、更に数時間?さらし、その後、炊かない
といけない)と白米を初めは(玄米対白米)2対8で、次に5対5、最後は8対2程度で食べればいい。白米は美味しすぎるので、ある学者は白米は砂糖!と言い、白米中毒になる、とまでいっていた。まあ、米は主食にせず、1日150~200gがいいでしょう。
とにかく、ゆっくり噛む、20~30回/口がいい。
最近、糖質スパイク、の話をよく聞く。糖分を取りすぎると、
その後、インシュリンが出て、上昇した血糖値を下げ、結局、糖質を取りすぎて、低血糖(糖質スパイク)を作っているという説である。ほどほどに食べなさいということである。
付録)砂糖
最近、砂糖、特にしょ糖はやり玉にあがっている。これは100 %正しい。黒糖ならいいという意見もあるが、これはおかしいようだ。日本では、しょ糖はあらゆる食べ物に入れてあり、日本人は今や大人も子どもも砂糖中毒になっているようだ。ご用心、ご用心。 
私は砂糖はとりません。寿司には寿司飯に砂糖がたっぷり入っているため、自分で作って、自分で握って食べています。
あと、油、肉、野菜、その他については後日に。
なお、オルソモレキュラーについては第四弾が遅れています。すみません。健康は食事からです!!正しい知識を獲得しましょう。
                  平成30年9月2日
                  文責 脇元 安  

参考)副腎疲労症候群
これについては以前述べています。
副腎皮質ホルモンの一つであるコルチゾールが低値(異常ではない、低いだけ)で、症状はうつ病そっくりです。
私も、最近、それらしき人を見つけました。コルチゾールが低値でした。ただし、薬があるわけではありません。
食事療法+サプリです。コルチゾールがどんどん分泌されるように、食に注意し、サプリも飲んでいきます。
オルソモレキュラーでしたね。

2,タンパク質
肉を日本人は本当に取るようになった。明治以来、それはいいこととされ、日本人は努めて肉を取ってきた。
でも、最近、肉の摂りすぎは体に良くない、動脈硬化、心血管系の疾患につながると言われ、日本人は安心して肉を食べられなくなった。一体、どうすればいいの??
あと、コレストロールも非常に気になるんですけど。
正解は::食べていいんです。でも、量は100g以下???
和牛はグレイド5はよくありません。4以下にしてください。
逆に、タンパク質は癌(がん)の元、食べてはいけません、という厳しい意見もある。
参考:マクガバン報告・・・・・西洋食は癌の元、食べるな!!! というレポート
これ、正しそう。私は四つ足は食べていません。
肉は肉でも、魚は特に小さい魚はどんどん食べて良い。大きい魚はだめです。
特にマグロはだめです。水銀他いろいろ良くない物が入っています。
鶏は?これもどんどん食べていい。ただし、地鶏にしてください。ブロイラーは避けてください。 
コレストロールは?
日本人の医師は真面目なのか、厳格に数字を言う傾向がある。でも、コレストロールの値はそう厳格に言う必要はなさそうです。220でもoutという医師もいますが。260,270あたりは薬飲んだ方がいいようです。
(糖尿病でも数字を厳格に言いすぎる傾向あり。A1cは6.2ではなく、7.1程度がいいという論文もある。)
最近善玉、悪玉コレストロールの話をよく聞く。
善玉を増やし、悪玉を下げろと。しかし、そう神経質になるな、という専門家もおられる。
なにを信じればいいの?
悪玉を減らすというリコピンは効くの?これはどうもフェイクのようです。
まあ、西洋食は勧められませんね。私は和食党で、魚、魚です。時に地鶏を食べています。
とにかく、量は少ないです。1日1400,1500kcal程度です。1日1.5食です。

                                      9.12.2018 
                                                    文責 脇元 安 

参考;ダイエット
これについては最近手厳しい意見があります。それは、ダイエットは始めた頃は体重も減り、よさそうなのですが、とんでもない落とし穴があったということ。リバウンドです。ダイエットは始めるとわかりますが、結構きついです。
人は腹一杯食べたいのです。それを我慢して、毎日のようにカロリーを計算して、食べていく、これは入院中でないと普通できないでしょう。
ダイエットへの反論として、最近プチ断食説がでてきました。1日1.5~1食しかとらないという説。カロリーは気にしません。(本当?相撲取りは1日1食なんですけど)
しかし、これも先ほど述べたように、やり始めた初めの頃、強い空腹感に悩みます。やせることほど難しいものはないようです。私は2例知っていますが、案外うまくいくようです。3ヶ月で6キロはやせます。しかし、その後、どうするかが問題のようです。リバンドはないようです。今後、検証していきます。
                  
                                                                  9.18.2018  
                                                                 文責 脇元 安

参考)稲島 司 健康に良いはウソだらけ  新星社  2018年 から。目次が参考になるでしょう。
目次:
 脂質)
からだにいいのは不飽和脂肪酸。飽和脂肪酸は控える?  脇元:本当らしい
悪玉コレステロール値が高いと冠動脈疾患リスクが上昇?  脇元:
飽和脂肪酸を摂りすぎると、悪玉コレストロールが増える?
動物性脂肪の種類しだいで心疾患死亡率に大きな差が出た?平均的日本人はEPA、DHAを摂っても効果は期待できない?
 サプリメント)
コラーゲンでお肌ぷるぷるはあり得ない?  脇元:本当です
グルコサミンで膝の痛みは解消されない?  脇元:本当
体の気になるパーツの成分を摂っても回復しない? 脇元:本当
カルシウムをたくさん摂っても骨折は予防できない? 脇元:本当
「飲んだら良くなった」だけでは科学的証拠にならない?  脇元:本当
  ダイエット)
糖質は我慢、あとは好きに食べても体重が減る?  脇元:ウソ
「糖質制限」と「地中海食」、やせる効果はほぼ同じ、 脇元:うん?ちと違う。
糖質制限で善玉コレストロール値が上がり、糖尿病も改善?  脇元:?? 
「地中海食」は体重が減るだけでなく、心血管疾患を防ぐ?  脇元:本当らしい 
将来はやせ菌(うんち)を移植してダイエット成功?  脇元:かもしれない。今後に期待
健康な人の腸や皮膚に棲む細菌がビジネスにつながる?  脇元:かもしれない。今後に期待

             9.26.2018 
                                        文責 脇元 安

糖質制限限
牧田善二 医者が教える食事術 ダイヤモンド社 2017年
やせるには運動ではなく食事。
肥満は確実に寿命を縮める
毎日口に入れる「糖質量」を制限する
糖質の悪性度を正しく知る
何を食べると血糖値が上がるか知る
血糖値は70-140に調整する
なぜ食べる順番で太り方が違うのか?             
食べる回数を増やしたほうが太らない
海藻やきのこを積極的に食べる
動物性と植物性のバランスが大切
             10.8.2018  
             文責 脇元 安 

ビタミン、ミネラルは充分量とりましょう。
これらは大事なホルモン、酵素の合成に関与しています。
例) セロトニン、睡眠ホルモン(メラソニン)はアミノ酸から作られるといいます。
グルタミン酸、トリプトファンがいいと言います。たっぷり摂(と)りましょう。何?野菜は高い??
日本は世界一物価高い!?でも、農家は白菜一個50円で卸屋に売ってる??
それがスーパーでは3-400円になる??流通がおかしい?直接買えないのかな??
         
             10.17.2018
             文責 脇元 安                                                            
参考)3日断食の結果報告
私は先週24-26日完全断食をしました。摂っていいのは、水と、ある酵素だけです。 
元気は?かえって上がりました。空腹感は?初め半端ではなかったが、2日からはそう感じなくなった。
睡眠は良好でした。いらいらはしなかった。
体重 -2kg(67から65kg)、ウェスト -3cm(88cmから85cm)
4日目(断食1日目)から普通に食べてはお腹をこわします。初め、重湯、次におかゆ、断食明け3日目から漸く
豆腐、納豆、味噌汁Ok です。素人さんは医師の指導を受けてやってください。ある人が独断でやって、偉い目
に遭っていました。くれぐれもこれをまねないように。
            10.28.2018 文責 脇元 安
腸内細菌
後日に。