新着情報

一覧を見る

2019/05/01

◆お知らせ◆

令和元年5月より診療時間が変更になります。

月曜・火曜・木曜
9:30~18:00
水曜
9:00~14:00
金曜
10:00~19:00
土曜
9:00~17:00
昼休みは13:00~14:00

午前の受付は12:30まで。(水曜日は13:30まで)
最終受付は診療時間の30分前までとなっています。
日・祝は休診
お間違えのないようにご来院ください。

2019/02/27

◆お知らせ◆

治験について 当院では抗うつ薬治療抵抗性のうつ病(20~64歳および65歳以上)の治験を行っております。興味のある方は当院までご連絡ください。詳細はこちら

2018/08/30

治験について

当院では児童思春期うつ病(9歳~17歳)の治験を行っております。
興味のある方は当院までご連絡ください。

うつ病セルフチエックに進む

2017/07/13

ドクタ-美根の過敏性腸症候群治療教室

2016年2月25日 木曜日

ドクター美根の過敏性腸症候群教室

ドクター美根の過敏性腸症候群治療教室(美根:元九州大学大学院教授、元福岡大学教授)
2016年2月25日 木曜日
第19回
【過敏性腸症候群ガス型とは? その4】
今回は過敏性腸症候群ガス型の治療についてお話しします。
過敏性腸症候群ガス型の治療として原則的なことは第9回~第16回ドクター美根の過敏性腸症候群治療教室で述べた過敏性腸症候群の基本的な治療方針がそのまま当てはまります。すなわち
1. 病態の理解
過敏性腸症候群ガス型の方においても、その病態はやはり腸管の運動機能異常であり、小腸、大腸の運動が激しくなり、その規則性を失って「腸管のけいれん状態」となっています。そして,そのために腸管の偏った部位にガスが発生、貯留して放屁(オナラ)、腹部膨満感、腹部不快感などが起こります。このことをまず理解していただきます。
高校生の場合などは、家族の方にもこの病態をよく理解していただき、症状は「気のせい」や「思い込み」で起こっているのではないことを分かっていただきます。
2. 生活上の工夫
軽症の過敏性腸症候群ガス型の方であれば、生活の仕方を工夫することで多少の症状改善は期待できます。
・食生活のリズムを作る(食事をとる時間を規則的にする)。
・朝の排便を習慣づける。薬物を上手に服用して排便をコントロールする。
・睡眠時間を規則的にして、充分な睡眠をとる。
・軽い運動(散歩など)を習慣づける。
食事内容について神経質に考える必要はありません。特別な食物の摂取を制限する必要はありません。またある特殊なものを摂取することによって症状が著しく改善するということもありません。しかしながら、自分で「これを食べると明らかに症状が悪化する」と分かっているもの(例えば油もの、アイスクリームなど)があれば、当然ながらそれを食べるのは避けた方がいいでしょう。

ガス症状がとても強い方の場合は、生活上の工夫をするだけで著しい改善をみることは少ないのではないかと思います。次回は過敏性腸症候群ガス型の薬物治療についてお話しします。
(文責 美根和典)



投稿者 脇元クリニック

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30