無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/06/14

◆休診のお知らせ◆
 
院長出張の為、7月26日(木)院長の診療は休診、美根先生の診療はあります。
7月27日(金)7月28日(土)は代診の先生となります。
診療時間は9:30~13:30となっております。

2017/07/13
2017/03/25

◆お知らせ◆
平成29年5月第2週より

毎週 木曜日午前(10時~13時)
児童専門外来を開設いたします。
不登校、発達関連、引きこもり、不安障害、チック等の相談に応じます。

同日 午後14時半~18時
新患および再来(児童から大人)の診察、精神衛生相談(本人以外のご家族からのご相談)を行います。

当院は予約制ですので電話で予約してご来院ください。
☏092-751-0010

その他

2014年9月19日 金曜日

引きこもり

これについては大分前に述べている気がする。
引きこもりは日本発ですが、今や世界に飛び火しているという新しい現象である。
 その原因は?
ほんの一部はうつ病、うつ状態、対人恐怖、強迫神経症、統合失調症、精神 遅滞、虐められ体験後の反応などであるが、まれであり、多くは原因不詳である。
引きこもりはどれほど続くのか?
これが結構長い。20年もあり得る。多くは当然、仕事に就いておらず(というか就けない)、家で閑居しているわけで、家に親にパラサイトしている。
暴力まで発展するのは稀である。迷惑はほとんどかけない。
 治療は?
別に病気ではないので非常に難しい。
カウンセリングは有効であるが、土台、本人に受ける意志がないのでそれはほとんど無理である。彼らは依存をしらない。頼ろうとしない。
最近は、引きこもりのNPOが若干できており、そこに通うと一部の方は立ち直ったと聞いている。そこでの活動を通して、まず居場所、話し相手を見つけ、ほっとできる空間で癒されるなどを通じて立ち直るのでしょう。自分が存在していいのだと意識できるのがいいのでしょう。
人は誰でも、他人に周りに認識して欲しいものです。
願わくは、国が行政が引きこもりの国家的損失を真剣に捉え、この分野に予算をふんだんに使い、専門家を導入し、彼らの閉じた心を何とか開かせる事でしょう。就労援助も大切です。いい大人が仕事に就いていないということは、日本ではアウトです。
真面目な国ですから。
50万ともいわれる引きこもりにもっと愛を!といいたいです。
                                                                                         9/17/2014 脇元 安