無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/04/12

◆お知らせ◆

ゴールデンウィークの休診日は
5月2日、3日、4日、5日、6日となっております。
5月1日及び5月7日は通常診療です。

2017/11/18

◆お知らせ◆

12月16日(土)より毎月第3土曜日は16時までの
診療となります。
14時からは特に初めての方を中心に診療を行いますので
ご利用ください。

2017/07/13

うつ病

2014年3月17日 月曜日

うつ病、うつ状態について(治療)

 上の治療ですが、いろいろあります。
  1.薬物療法
  2.環境療法
  3.心理療法
  4.運動、リラクゼーション
  5.その他 ECT、磁気療法など

以前は、うつ病は薬への反応がかなりよく治りやすい、しかし反復しやすい
ということで、こころの風邪といわれることもありました。
最近はどうでしょうか。
確かに、従来のように、抗うつ薬への反応が良く、2、3ヶ月で治るタイプは依然多いです。
しかし、抗うつ薬に反応が悪いタイプが最近結構増えてきた印象があります。
もっとも、うつ病の多くは内科ほかの身体科に大抵行かれるので、
心の専門クリニック・病院に行かれる方は少ないです。
心の専門クリニック・病院を受診される方はもしかすると、軽くない方が、
結構含まれているのかもしれません。
また、心の専門クリニック・病院が、かなりな程度のうつ病を充分治せるかというと、
その施設によって治療の力はまちまちでしょう。
さて、当院のうつ病への対応を紹介します。
むろん、小さなクリニックです、薬物療法以外に治療の限界はあります。
当院は、大学病院を始め、専門の病院とも連携して患者さんの治療に対応しております。
気楽にご相談ください。

 以下、うつ病の治療を改めて紹介します。
当院で実施出来ることは限られています。

1.薬物療法
     SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、
         感情調整薬 炭酸リチウム、漢方など多くあります。


SSRI  セロトニンをあげるといわれます。

SNRI  セロトニン、ノルアドレナリン両方をあげるといわれます。
    両者とも副作用は少なく、かなり安心して飲んでいけます。


最近の上2種類以外の新抗うつ薬:
    商品名 レメロン、リフレックスなどあります。かなり期待出来
    そうです。 副作用は当然あります。医師と相談しながら使う
    必要があります。

三環系抗うつ薬
    30年以上使われています。最近は、上の2種が効かないときに
    使われます。心臓への負担がまれにあり、心電図を取りながら
    使う必要があります。

四環系抗うつ薬 SSRI、SNRIが効きにくいときに使われます。
    20年以上の歴史があります。

感情調整役  最近話題の薬です。SSRI、SNRIと一緒に使われ、
    感情の調整に効果があります。従来はてんかんに使われていた薬
       です。 薬の血中濃度を測定しながら慎重に飲む必要があります。

炭酸リチウム 以前は躁病、躁状態に使われていましたが、
    最近は躁うつ病、うつ病にも使われます。
    薬の血中濃度を測定しながら慎重に飲む必要があります。

漢方 西洋薬が合わない方、嫌う方に使われます。
    個人差が大きく、一概にいうことは出来ませんが人によっては、
    いい効果を示します。副作用はほとんど無いため、
    お互い安心して使えます。
    ただし、エキス剤は飲みにくいという欠点があります。
    最近は錠剤も一部あります。

他 T3など。説明省略。 保険適応はまだです。

参考: 強力精神安定剤 商品名 エビリファイ
    最近注目の薬です。SSRI、SNRIなどと併用して飲んで
        いきます。副作用に注意して飲んでいきます。

環境療法  患者さんの環境を調整しながら、ストレスを減らすなど
      やっていきます。時には、休職、登行停止なども
      行っていきます。

心理療法  最近は認知療法が盛んにおこなわれますが、
       患者さんの負担は大きく、時間もかかります。
       いそがしい時代にあまり使われていない現状があります。
     当院では積極的にはおこなってはいません。
    認知療法は臨床心理士にておこなっております。
    治療契約が充分結ばれて以降可能です。

運動、リラクゼーション                 
      最近エアロビクスが有効といわれています。
      ただし、うつ病の方は体力、気力に問題がそもそもあるので、
      運動療法には限界があるようです。
   できれば、入院して専門家の指導の下におこなう必要があります。
     リラクゼーションには呼吸法、気功、ヨガなどがあり最近注目されて
      います。時間は短い(せいぜい2~3分)場所を取らない、
      インドアで一人でおこなえる,結構良くなるなどの利点があります。

ETC: 無けいれん電撃療法
     大学以外ではおこなわれていません。

その他 磁気療法など
   保険適応はまだです。ETC同様、頭の血行を良くしてうつ病を
       治そうというからくりのようです。


当院は小さななクリニックです。薬以外では患者さんにおこなえることには限りがあります。
情報は提供できます。気楽に相談ください。

                              H26.3.15
                              文責  脇元 安