無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/04/12

◆お知らせ◆

ゴールデンウィークの休診日は
5月2日、3日、4日、5日、6日となっております。
5月1日及び5月7日は通常診療です。

2017/11/18

◆お知らせ◆

12月16日(土)より毎月第3土曜日は16時までの
診療となります。
14時からは特に初めての方を中心に診療を行いますので
ご利用ください。

2017/07/13

その他

2014年1月24日 金曜日

漢方薬・漢方治療について

漢方がじわじわと人気が上がっている。臨床面でも効果が再認識されての結果だが、
その他の理由として、欧米で、中枢薬による車の運転時の眠気が社会的に問題
になり(西洋の医師は中枢薬、とりわけ眠気のくる精神安定剤を最近出さなくなっている。
出しても短期間しか出さない。事故時に処方医の責任を問われるからだ。
日本は今後、国会で討議される予定)
代わりにじわりと漢方薬・漢方治療への関心が高まっているという。
ついに、西洋は漢方に気づいたようだ。
おかげで、中国の生薬の奪い合い?現象が起こって、生薬の値段がうなぎ登りという。
将来は値段が上がりすぎて、津村をはじめ、日本の製薬業界は成り立たなくなるかもしれない。
漢方は土台、西洋医学とは理論が真逆である。
西洋はデカルト以来の心身二元論だが、東洋は心身一如、こころと体は一体と
見て治療してきた。たとえば、心が乱れて内臓の病気が起こる、
血気水の乱れで病気が起こると見るなどである。
西洋医学では、あくまで細胞レベル、臓器レベルでしか病気を見ない。
現在、西洋医学で歯がたたない病気が増えつつある。
今後、ますます東洋医学が盛んになるだろう。