無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/05/31

◆お知らせ◆

院長学会出張のため6月8日は休診、
6月22日、23日は代診の先生となっております。

2017/07/13
2017/03/25

◆お知らせ◆
平成29年5月第2週より

毎週 木曜日午前(10時~13時)
児童専門外来を開設いたします。
不登校、発達関連、引きこもり、不安障害、チック等の相談に応じます。

同日 午後14時半~18時
新患および再来(児童から大人)の診察、精神衛生相談(本人以外のご家族からのご相談)を行います。

当院は予約制ですので電話で予約してご来院ください。
☏092-751-0010

うつ病

2013年1月22日 火曜日

最近のうつ病について(第7報-2)

最近、うつ病、うつ病状態に抗うつ薬(SSRI,SNRI)があまり効果がないことから、従来有力だったアミン仮説(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン)が人気がありません。学者は当然、それに代わる説をいろいろ提出してきています。前に一部紹介しましたが、SDNF(神経成長因子), 海馬縮小説、脳血流不全などかまびすしいです。どれも、まだ仮説です。相手は、脳ミソ、そう簡単には真相はわからないでしょう。中国医学でいえば、気の不足です。気うつともいわれます。気が鬱滞(うったい)しているということでしょう。漢方を当院では積極的に使っています。副作用はほとんどなく、お互い安心して使えます。効果は約3割でしょうか。
西洋薬は効果は従来の7割から最近は5割前後でしょうか。
当院では薬以外の治療も模索しています。カウンセリング(特に認知療法)、リラクゼーション(呼吸法、気功、ヨガなど)などです。
しかし、もっとも大切なものは治る、治すという姿勢でしょう。自分を信じる、自分の未来を信じる気持ちが最も大切でしょう。
あきらめからは、あまりいい結果は生まれなしでしょう。絶望は愚か者の結論、という言葉がありますが、治るのにうたがってはいけません。当院の治癒率はなんと9割!? ほとんどなおられています、時間さえかければなおります。あきらめないこと、でしょう。
                                               H25.1.22 文責  脇 元  安