無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2017/11/18

◆お知らせ◆

12月16日(土)より毎月第3土曜日は16時までの
診療となります。
14時からは特に初めての方を中心に診療を行いますので
ご利用ください。

2017/07/13
2017/03/25

◆お知らせ◆
平成29年5月第2週より

毎週 木曜日午前(10時~13時)
児童専門外来を開設いたします。
不登校、発達関連、引きこもり、不安障害、チック等の相談に応じます。

同日 午後14時半~18時
新患および再来(児童から大人)の診察、精神衛生相談(本人以外のご家族からのご相談)を行います。

当院は予約制ですので電話で予約してご来院ください。
☏092-751-0010

院長ブログ

2010年12月17日 金曜日

最近のうつ病治療の状況(5) 呼吸法ブーム @福岡天神の心療内科、脇元クリニック

最近、呼吸法がブームです。有田先生(東大)、高田先生(慶応)、安保教授(新潟大学)、加藤先生、斉藤孝先生(教育者)らが呼吸法の本を次々に出され、結構読まれています。実践している人も多いようです。当院では、彼らとは別個に呼吸法を広めてきました。香椎でクリニックも持っていた時は、ヨガ教室を併設し、10人程度見え、結構評判がありました。天神では、深呼吸法を中心に指導してきました。
呼吸法は何故いいのでしょうか。これは恐らく、緊張している交感神経を鎮める効果があるのではないでしょうか。当院に見えられる方の多くは、背が丸まり、呼吸が浅く、声も低くくぐもっており、呼吸筋、その他の筋肉を充分使ってらっしゃらないと思います。交感神経は緊張気味です。そういう方が、息を深くし、多くの筋肉を使えるようになると、姿勢がよくなり、リラックスし、気も充実してきます。心の余裕が生まれます。是非、呼吸法に挑戦してみて下さい。薬が効きにくいうつ病、うつ状態の方に特にお勧めです。
腹式呼吸法をある程度マスターしたら、気功、ヨガ、合気道、空手、古武術、自律訓練などに挑戦してみてください。これらはスポーツではありません。
太極拳は少し難しいのであまり勧められません。腹式呼吸法は吸う、吐くを繰り返します。途中1-2秒止めます。吐く方に少し時間を多く割いてください。
なれないときは、4~5秒ごとでいいです。慣れてくると、6~8~10秒と伸ばしていってください。

H22.12.17
H23.8.13 改編
脇元 安