無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/05/31

◆お知らせ◆

院長学会出張のため6月8日は休診、
6月22日、23日は代診の先生となっております。

2017/07/13
2017/03/25

◆お知らせ◆
平成29年5月第2週より

毎週 木曜日午前(10時~13時)
児童専門外来を開設いたします。
不登校、発達関連、引きこもり、不安障害、チック等の相談に応じます。

同日 午後14時半~18時
新患および再来(児童から大人)の診察、精神衛生相談(本人以外のご家族からのご相談)を行います。

当院は予約制ですので電話で予約してご来院ください。
☏092-751-0010

発達障害

2010年1月18日 月曜日

発達障害(2) @福岡天神の心療内科、脇元クリニック

発達障害(2)
発達障害は最近のトピック中のトピックです。
発達障害とは、本来、自閉症、その近縁(アスペルガー症候群、ADHD他)ですが、わたしは自閉症(広汎性発達障害)だけでなく、知能は普通で、対人関係が生来苦手な人を広義の発達障害とよんでいます。
最近杉山論文(そだちの科学 13巻 11.2009 2-13ページ)が出て反響を呼んでいます。
彼は大人の統合失調症、感情障害(うつ病、双極型感情障害)の中に少なからずもともとの発達障害があり、それらは(彼らがおとなになるにつれ、統合失調症様、感情障害様が伴う)かなり多いと注意を呼びかけています。
 発達障害は小さいときに苛め、虐待をよく受け、従ってPTSD(心的外傷後ストレス障害)が多く合併する、症状として、フラッシュバック、乖離など出現する、フラッシュバックには短時間の幻聴もあるので、よく統合失調症と診断(誤診?)されるわけです。こういう場合、薬は結構使われます。発達障害の幻聴に薬が効かないので、治療者はどんどん増やしていくのです。このときに、診断を疑えばいいのですが、幻聴即統合失調症という呪縛から抜け出せていないので、薬がどんどん増えていくというわけです。
 感情障害については、フラッシュバック、乖離に伴い、うつ状態を合併するのですが、うつ病とだけ見ていてはなかなか治りません。心の傷に注目しないといけません。薬だけでは治りません。患者の背景に注意を向けないといけませんなどのべている。
いずれも鋭い指摘であり、成人をみる場合、必ず発達障害の有無をみないと、焦点のずれた治療になるというわけだ。彼は成人の統合失調症の3割?!に発達障害のケースがあると大胆にいっている。感情障害でもそれは多いだろう。彼の慧眼である。臨床家は杉山に倣って全例に発達障害を考え、診断に努めるべきであろう。

         1)1.18.2010
         2)1.31.2010   
             脇元 安