無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2017/11/18

◆お知らせ◆

12月16日(土)より毎月第3土曜日は16時までの
診療となります。
14時からは特に初めての方を中心に診療を行いますので
ご利用ください。

2017/07/13
2017/03/25

◆お知らせ◆
平成29年5月第2週より

毎週 木曜日午前(10時~13時)
児童専門外来を開設いたします。
不登校、発達関連、引きこもり、不安障害、チック等の相談に応じます。

同日 午後14時半~18時
新患および再来(児童から大人)の診察、精神衛生相談(本人以外のご家族からのご相談)を行います。

当院は予約制ですので電話で予約してご来院ください。
☏092-751-0010

うつ病

2009年2月23日 月曜日

最近のうつ病治療の状況(1) @福岡天神の心療内科、脇元クリニック

最近のうつ病治療の状況(1):
2/23のブログでも一部紹介しましたが、最近非専門医が精神科、心療内科を名乗り、薬中心の治療で(1回せいぜい5分程度の診療時間)荒稼ぎしているというショッキングな事実があるようです。薬に不慣れですから、最初から複数、大量処方で漫然と使う、こういう事が平気でなされているようです。彼らは説明はしませんし、できません。そういうトレーニングを受けていないのですから無理な相談です。抗うつ薬の副作用をよく知りませんから、説明はよう出来ませんし、患者がぼおーとなってもふらついてもまだ薬を止めないどころか、却って増やします。ときには診断を誤り、そううつ病をうつ病と誤診して漫然と抗うつ薬を出し続けます。感情調整薬も漢方も知りません。恐ろしいことです。
そもそも専門家を養成してこなかった国、医師会がよくない。制度も不備があります。国民はなめられています。こころの領域は複雑であり、医者だからと、ちょこちょこっとできるものではありません。彼らの開業を許可、認定する行政、保健所もなっていません。
 但し、日本精神神経学会、日本心療内科学会は専門医を独自に養成はしていますが、それが高い標準かといいますといささか疑問ではあります。私も精神科専門医ではありますが、その内容は少し問題があります。(私自身はよく勉強してきたという自負はあります。)テレビでもやっていましたが、悪い医者とは ①説明不足②抗うつ薬を最初から多種類、大量出す③副作用らしきものをいうと不機嫌になり説明してくれない④なかなか治らないのに薬が変わらない⑤診療時間が短すぎる⑥カウンセリングをやらないなど(実際は、知らないからやれません)。あなたの周りにこういう医者はいませんか。ひょっとして専門家ではないのかもしれませんよ。但し専門家の中にも薬しか知らないという医者は結構います。カウンセリングは儲からないから勉強しない医者が多いし、トレーニングシステムも不備です。そもそもこの国では専門家はほとんどいません。政治家がいい例です。彼らは試験なんか受けていませんし、それを国民も求めません。経済音痴が大蔵省(財務省)の大臣に平気でなる国です。もっと、専門家を養成しましょう。
素人を排除しましょう。
追記)無理かな、俳優でも音楽家でも、
素人が堂々とテレビやらコンサートに出てくる国ですから。うまくなると売れなくなるといいますから。
                              続く
              H21.2.23脇元 
              H21.2.28追加訂正 脇元