無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/08/30

治験について

当院では児童思春期うつ病(9歳~17歳)の治験を行っております。
興味のある方は当院までご連絡ください。

うつ病セルフチエックに進む

2017/07/13
2017/03/10

うつ病

2008年12月18日 木曜日

うつ病(周辺1 非定型うつ病 その1) @福岡天神の心療内科、脇元クリニック 

非定型うつ病が最近話題になっています。従来はメランコリー型うつ病が典型例とされていましたが、最近はそれは減り、非典型例が増えてきました。従来のうつ病は特徴的な性格、下田のいう執着気質、すなわち、几帳面で律儀、まじめ、周囲に合わせる、組織型人間というのがそれです。うつになると、自分を責めます。それで自分を追いつめ、時には自分を罰する意味で自殺することもありえます。朝が気分があ悪く、午後、特に夕方から気分がよくなります。
非典型うつ病は、気分はむしろ朝と午後が逆になり、午後の方が悪くなります。過食、過眠、時に非常に怒る、少しいいことがあると気分が一時的に晴れる、抗うつ薬は効きにくくて、感情調整薬(炭酸リチウム、てんかんの薬:デパケン、テグレトールなど)がむしろ効くなどが特徴です。案外専門家も見過ごします。うつ病は多くのタイプがあります。きめ細かく対応することが
大切です。他のタイプについてはまたの機会に。
             12.18.2008 脇元