無料相談に進む

新着情報

一覧を見る

2018/05/31

◆お知らせ◆

院長学会出張のため6月8日は休診、
6月22日、23日は代診の先生となっております。

2017/07/13
2017/03/25

◆お知らせ◆
平成29年5月第2週より

毎週 木曜日午前(10時~13時)
児童専門外来を開設いたします。
不登校、発達関連、引きこもり、不安障害、チック等の相談に応じます。

同日 午後14時半~18時
新患および再来(児童から大人)の診察、精神衛生相談(本人以外のご家族からのご相談)を行います。

当院は予約制ですので電話で予約してご来院ください。
☏092-751-0010

うつ病

2008年12月 1日 月曜日

うつ病(診断1) @福岡天神の心療内科、脇元クリニック

複雑なうつ病ですが、どこまで話しましたっけ。今回は診断について。
うつ病は採血や写真でわかるものではないで、診断は非常に難しいということですね。チェックリストはありますが、絶対ではないです。医師が主観的に診断しているという所です。最近は高学歴、情報社会を反映してか、自分でうつ病を診断する方が増えてきました。医師には確認するということですね。しかし、医師に診断してもらう必要がやはりあります。アパシー、回避型人格障害、境界性人格障害、自己愛人格障害などはうつ病と時に診断がつきにくいことがあります。かれらは往々にして、うつ状態を呈するということです。
専門家でも時に診断を誤ることもありえます。診断が異なると治療が異なる場合があります。私自身、他の病気(?)をうつ病と診断し、抗うつ薬を多く飲んでもらったが、さっぱりだったということがありました。ただし、専門家でも深い精神力動を学んでいない医師もいます。浅い見方しかできないわけです。こういう医師はむしろ単純に考えますから、上のような事は考えず、単純にうつっぽい人には抗うつ薬という単純なパターンで治療がなされることが多いでしょうね。医師は概ね忙しく、難しく考える暇がないかもしれません。相手となる医師の勉強歴、専門性、性格等も考慮に入れて治療を受けるべきでしょう。相性ももちろん大切です。
                  H20.12.1 脇元